Event/SEMINOR
タイ現地法人をお持ちの企業様必見!ウェビナー(Webセミナー)
タイのTAX Invoice 電子化への対応をわかりやすく解説!

最終更新日:2020.08.20

第2回 ≪実践編≫  簡単にわかる!e-TAX Invoice導入と合わせた業務全体の最適化の事例紹介

現在、タイ政府はタックス・インボイスの電子化(e-TAX Invoice)及び
領収書の電子化(e-Receipts)を推進しており、多くの日系在タイ企業は
その対応が求められはじめています。

しかし、どのようなことを理解し、どのようなITインフラを整備しなければならないか
分からないのが実情です。
そこで、本セミナーでは、タイ税務や必要な『知識』と『ITソリューション』を、
わかりやすく簡単に、全2回に渡ってタイ現地より生の声でご紹介いたします。

第2回目は、購買ワークフローの電子化等、ERP・会計システム導入による全体最適化の事例紹介と
E-TAX INVOICE 連携の具体的な新業務フローをご紹介いたします。

Application
お申込み
お申込み
■参加方法:Zoom

上記お申し込みボタンをクリックいただき、ウェビナーに事前登録する。
https://zoom.us/webinar/register/WN_JY3Ha6R8RayU3pUJ-wexeQ

ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。

概要

日程

2020年8月20日(水)

時間

日本時間 15:00~16:00
タイ時間 13:00~14:00

会場

ウェビナー(Webセミナー)での実施となります。

共催

兼松エレクトロニクス株式会社
ACTY SYSTEM (THAILAND) CO.,LTD.

参加費

無料(事前登録制)

定員

100名

内容

◆講師
ACTY SYSTEM (THAILAND) CO.,LTD.
CEO 塚本裕司氏
https://www.acty-thai.com/

プログラム

1.電子署名とデジタル署名の違いをご存知ですか?

電子署名とデジタル署名の違いをまず理解し、
そのうえで、タイではどこまでサイン業務の電子化が認められているのか、整理します。

2.電子署名と「E-TAX」の活用で、全体最適を図りましょう

販売・購買業務の電子署名によるペーパーレス化を含め、業務効率の全体最適化を事例をもとに紹介します。

3.まずは現状を把握することから始めましょう!

業務フローの改善には、まずお客様タイ現法の「現状を正確に知る」ことが重要です。
私たちは、短期間のプチ業務分析作業を提案しています。業務分析作業を通して、
まず現状を正確に把握し、どこを目指すのか、お客様とともに考え定義するお手伝いをさせて頂くサービス内容を紹介します。

※タイムスケジュール、講演内容、講演者等は、予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

Contact
お問い合わせ
海外戦略室

E-mail: zj_members@ml.kel.co.jp

お問い合わせ

お問い合わせは、メールにて承ります

ページTOPへ